で地雷爆発
3

一時停止

Minesweeper

最も人気があるシングルプレーヤーロジックビデオゲームのひとつ、マインスイーパーへようこそ!これはオンラインバージョンで、誰でも無料で利用できます。楽しもう!

このマインスイーパーオンラインゲームは、2021年に制作されました。Shep Poorが書いたゲームの改訂版で、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下にて配布されています。オリジナルマインスイーパゲーム©1981-1995 Microsoft Corp.

概要

マインスイーパーはロジックパズルで、マス目のボードで構成されています。最初はすべてのマス目が隠されていて、プレーヤーはカバーの下に隠されているものが分かりません。最初の移動では、プレーヤーはボードのどこかをクリックします。こうすると、プレーヤーがクリックしたマス目のほか、周りのマス目もいくつか見えるようになります。一部のマス目には数字が入っています。数字は、マス目の周りにある地雷の数を示しています。ゴールは、これらの数字を使って、地雷がある場所を推測することです。地雷の場所が分かれば、右マウスボタンでクリックしてフラグを立てます。地雷にフラグを立てると、一部のマス目には地雷がないということも推測できます。左マウスボタンを使って、安心して開くことができます。

方法とルール

役立つヒントをご紹介します:

  1. 黄色のスマイリーフェース(または時々悲しい顔)をクリックして、ゲームを再開できます。
  2. オプションメニューを使って、ゲームをズームイン/ズームアウトできます。
  3. 数字が入ったマス目を左クリックし、その周りのマス目にクリックした数字と同じフラグ数がすでにあれば、他の残りの隣接したマス目が現れます。この機能を安全な周囲と言います。
  4. ゲームの目標は、地雷のないフィールドをすべて開くことです。一切フラグを立てる必要はありません!

このゲームで使えるオプションをご紹介します:

  1. 安全なスタート–このオプションを有効にして最初のクリックをすると、いつでも空のマス目がひとつあります。それによって大きなエリアを見つけることができます。このオプションをオフにすると、ボードは完全にランダムに作成されるので、最初のクリックでは、数字1文字、それか地雷を見つけることもあります!
  2. クエスチョンマーク–このオプションをオンにすると、フラグを右クリックした後にフラグをクエスチョンマークに変えます。もう1度クリックするとクエスチョンマークが消えます。このオプションがオフの場合、右クリックをするとフラグを立てる、またはフラグを消します。
  3. 安全な周囲–このオプションを有効にすると、周囲の残りのマス目を開くために、フラグを立てた対応する地雷数がある数字をクリックできます。このオプションをオフにすると、数字をクリックしても何も起こりません。
  4. 残りを開く–このオプションをオンにすると、すべての地雷を見つけて、フラグで印をつけた後に、残りの地雷数が入ったデジタルディスプレイが「000」を表示すると、その後にこの表示をクリックして、残りのすべてのマス目を開くことができます。
  5. 解除–このオプションを有効にして、地雷をクリックすると、自分を救うのに3秒あります。このオプションをオフにすると、すぐに倒れてしまいます。
  6. ヒント–このオプションをオンにすると、マス目の上にマウスを置いて「H」を押して下に隠れているものを見ることができます。

解き方

このチュートリアルでは、マインスイーパーゲームを解く方法をご紹介します。

マインスイーパー、解き方、第1章この例では、初級レベルで始めます。残りの地雷数は、マインスイーパーボードの左上角のデジタルディスプレイに表示されます。「10」というのは、地雷が10個あるという意味です。では、ランダムに選んだマス目を左クリックして始めましょう。この例では赤い丸印のマス目を選択します。
マインスイーパー、解き方、第2章最初のクリックの後、いくつかマス目が開きます。開かれたマス目には数字が入っているものもあれば、空白のものもあります。数字は、周囲のカバーされているマス目の下に隠された地雷数を示しています。赤い丸印のマス目には「1」が入っています。ここには隣接している隠れたマス目は1つしかありません(茶色の丸印)。隣接する地雷はひとつしかないので、地雷は、このカバーされたマス目の下にあるはずです。右クリックで、このマス目にフラグを立てましょう。
マインスイーパー、解き方、第3章最初のフラグを立てたところで、もっとマス目を開いて行くことができます。赤い丸印の「1」が入っているマス目を見てみましょう。この上の3つすべてのマス目では、地雷はひとつしかないことが分かっていますが、この地雷はすでに見つけていて、フラグが立てられています。つまり、残りの2つのマス目(茶色の丸印)には地雷がないという意味です。この2つのマス目を左クリックして安心して開くことができます。
マインスイーパー、解き方、第4章2番目のフラグを立てる準備ができました。以前のように、「1」があるマス目をひとつ見つけることができます(赤い丸印)が、周囲にはカバーされたマス目はひとつしかありません(茶色の丸印)。地雷はそこにあるはずなので、このカバーされたマス目を右クリックして安心してフラグを立てることができます。
マインスイーパー、解き方、第5章2番目のフラグを立てた後に、フラグの周囲に「1」があるマス目があることがまた分かります。この2つのマス目は赤い丸印がついています。両方とも近くにフラグがひとつあるので、隣接する他のカバーされたマス目に地雷はないはずです(茶色の丸印)。この2つのマス目を左クリックして開くことができます。
マインスイーパー、解き方、第6章繰り返しますが、隣接する地雷はすでに見つかっている近くに「1」が入ったマス目がひとつあります(赤い丸印)。唯一残っている隠れたマス目(茶色の丸印)を左クリックしましょう。
マインスイーパー、解き方、第7章それでは、赤い丸印の「3」を見て行きましょう。隣接したマス目には地雷が3つあります。カバーされている隣接したマス目は合計3つあります。左側にあるマス目はすでにフラグ印があり、上にある残りの2つのマス目はまだ印がついていません。他には方法がありません。数字の「3」に隣接したマス目には地雷が3つあるので、2つのカバーされたマス目には地雷が入っているはずです。この2つのマス目に旗を立てましょう。
マインスイーパー、解き方、第8章それでは数字の「2」が入っている2つのマス目を見てみましょう。両方とも茶色の丸印のように隣接している隠れたマス目は2つしかありません。ですから、これらの2つの隣接したマス目には地雷が入っているはずです。そこにフラグを立てましょう。
マインスイーパー、解き方、第9章これで、地雷に適切にフラグを立てたマス目をいくつか確認できます。2つの例では赤い丸印があります。マス目に隣接する地雷数は数字と一致するので、残りの隠れたマス目には地雷がないということになります。そのため、左クリックで開くことができます。茶色の丸印のマス目をすべて開きましょう。
マインスイーパー、解き方、第10章マス目のひとつ(赤い丸印)には数字の「2」があり、周囲にはカバーされたマス目が2つしかありません。ひとつにはすでにフラグが立ててあります。他のマス目にも同じようにフラグを立てることができます。茶色の丸があるマス目を右クリックしましょう。
マインスイーパー、解き方、第11章次に、数字の「1」が入ったマス目を3つ見てみましょう。この3つのマス目にはすべて周りに地雷がひとつずつあります。他のすべての隣接したマス目は、安心して開くことができます。茶色の丸印のマス目です。
マインスイーパー、解き方、第12章それでは、赤い丸印の数字の「2」に焦点を当てましょう。以前のように、周りにはカバーされたマス目は2つしかありません。ひとつにはすでにフラグが立ててあります。そのため、別のマス目(茶色の丸印)にフラグを立てることができます。私たちがやっていることを見てみると、マインスイーパーボードの左上角にある地雷カウンターは、残りの地雷数が1から0になることが分かります。地雷はもう隠れていないことが分かるので(すべての地雷を見つけました!)、これで残りのすべてのマス目を安心して開くことができます。
マインスイーパー、解き方、第13章ゲームに勝ちましたよ!マインスイーパーボードの右上角にある時間カウンターは、ゲーム完成にちょうど3分間かかったことを示しています。

歴史

マインスイーパーは古いロジックゲームで、50年以上前に最初にデザインされました。人々がコンピューターマウスの使い方を覚えることに役立て、左クリック・右クリックの有用性を教えるという目的でMicrosoft Windows 3.1にこのゲームが入ってから人気が出ました。

マインスイーパーの創作者、ロバート・ドナーとカート・ジョンションは、「1985 Relentless Logic」ゲーム、古いボードゲームの「海賊ゲーム」のほか、コンピューターゲームの「Hunt the Wumpus」からアイデアを得ました。

マインスイーパーは世界中の多くのプレーヤーの心をあっという間につかみました。現在、いつでも最もプレイされるゲームのリストに入っています。ウワサによると、ビル・ゲイツも以前、マインスイーパーを遊ぶのが好きだったとか!

パーソナルベストタイム

初級:
中級:
上級:

カスタム設定

ゲームの高さ:
ゲームの幅:
地雷数:

勝ち!

おめでとうございます!

ゲーム時間:



クリック数: